東京都23区内のストレッチ専門店。肩コリ・頭痛・腰痛などの体質改善を行います。

トップマガジン

2024.05.23

猫背改善のためにはこのストレッチ!

 

皆さん、こんにちは!

駒込店の金谷です!
チョコレートの誘惑には弱い!勝てない!…勝てませんでした…。笑。
美味しいものを罪悪感無しで食べるには見合う運動が前後に必要ですね!ちなみに食後すぐ太ることはありません。
1日、2日猶予があるので3日内でバランスを整える食事と運動を考えていきましょう!
本日は背中の表面にある広背筋とのストレッチをご紹介します。
広背筋は第6胸椎より下の背骨、第9〜12肋骨、肩甲骨の下角から始まり、脇の下を通って上腕骨についています。
広背筋は上に挙げた腕を体側に引き下げたり、前に伸ばした腕を後ろに引き戻す役割を持っています。
上腕骨の内側についているので、腕の内巻き動作も作くり、硬くなると腕を内巻きに引っ張り猫背になりやすくなります。
本日の広背筋のストレッチは四つん這いの姿勢から始めます。
①体を後ろに引き、片方の肩の背面を地面につけます。
反対側の手は体を上から支えましょう。
②下側の腕はなるべく遠くに伸ばすと上半身がよじれて背中(広背筋)が伸びてきます。
③背中のストレッチが安定したら、上の腕を胸を開く方向にゆっくり伸ばし上げて上半身を捻っていきましょう。
床で行うのは痛い可能性があるのでマットや布団の上で行ってください。
デスクワーク等で上半身が硬くなっている方は最初は上手く腕は開かないので、焦らず、硬い状態を責めずコツコツ可動域を広げていきましょう。
コツコツ可動域を上げた筋肉は硬くなりにくくなっていきます。少しずつで良いのでなるべく毎日取り組みましょう!応援しております!